ペチカの始まり。

_DSC0015.JPG

2012年の春。僕の中に1つの想いがとても強く芽生えていました。


美容学校を卒業し上京。数年間の修業を経て2005年12月、那覇にHAIR/MAKE JAG☆STANG(ジャグスタング)を設立。


この7年間、本当にいろんな事がありました。



設立当時5名でスタートしたお店。



東京から戻ってきて自信に満ち溢れての創業。



しかし当初は経営がうまくいかず金策に走り回る毎日。



大好きな美容という仕事に全力を注げない日々。




STAFFも一人、また一人と減っていき




新しく入ってきても




「前泊さんは厳しすぎる」




とまた辞めていってしまう。。。




毎朝シャワーを浴びながら涙をながし、



お店では笑顔で、頑張ろうぜ!俺に任せて!と強がってみせる。



正直、心が折れたことが幾度となくありました。



でも、そのたびにSTAFFやお客様、周りの仲間たちが手を差し伸べてくれ


「あなたなら絶対大丈夫。」



「前泊さんにカットしてもらうと幸せな気持ちになれる。」



「お前はみんなの誇りだよ!」



「厳しさはお客様やその子の将来に繋がるから絶対に妥協しちゃだめだよ!」





そんな勇気をもらえる言葉を何度も頂き、その度に歯を食いしばり



どうすればみんなの期待に応えられるだろう。


どうすればみんなにこの恩を返せるだろう。


どうすればみんなに感謝を伝えられるだろう。




そんな事を想い続け7年間。。。




気が付けばジャグスタングは毎日STAFFとお客様の笑顔で溢れるお店に成長していました☆






JAG☆STANGのブログでもその思いは多々書かれておりますのでよろしければご覧ください。




【JAG☆STANGの病弱番長日記】




今現在、JAG☆STANGには那覇からだけでなく、宜野湾や沖縄市、遠くは名護市や離島からもお客様が足を運んでくれています。



そして嬉しいことにあんなに悩んでいたSTAFF教育も


妥協することなく継続し、今では本当にステキなSTAFFに囲まれ


年間何人もの美容師さん達が一緒に働きたいです!と面接を受けに来てくれるようになりました。






そんな中で考えるのはジャグスタングは小さいお店であること。


誠実に一人一人とちゃんと向き合って心からお客様の幸せを願う。


そういうお店でありたいと作り上げたお店。


STAFFも当然みんなその想いの下で笑顔で働いている。。。





次のステップへの決意をしました。


新店舗。出店すればこんな素敵なSTAFF達が単純に倍に増える。


喜んでくれるお客様も倍に増える。


もしかしたら倍どころじゃないかもしれない♪




出店場所を決めたのもそういう想いから。



今のお店の近くに出店したほうがいいのはわかりきっているのですが。。。



遠く那覇まで来ていただいている中、北部のお客様にももっと気軽に来店して頂けるように、



宜野湾市という場所を選びました。






【宜野湾市宇地泊904】



HAIR-MAKE pezzica(ヘアメイク ペチカ)

(ロシア語で暖炉という意味です)

ピザにみえるのはご愛嬌ということで(笑)



暖かくみんなが心安らかに集まれる場所。。。





【お客様に誠実に、幸せになれるデザインを。。。】




コンセプトは那覇のジャグスタングと全く変わりません。



これからもどうぞよろしくお願いいたします。